かれのにおいなら…

昔の詩人が言ったか知らないけど、

恋は盲目

わからない訳でもない。

有無言わず、

彼(彼女)が好きなのだ!

しょうがない。

溺れているのだから

しょうがない。
(さらに…)

プールで泣くがよい。

懐かしき親戚はいつしか、少なくなり
がらんとした部屋の片隅に
座布団が積み重なっている。

 *   *   *

帰京し、普段の生活に戻る。

いつもと同じ時間に起きて、

会社へ行って、

昼ご飯をすませ、

残業して帰ってくる。

(さらに…)

実家の、いない帰省。

最近実家の夢を見る。

今は、人手に渡ったその家で親父が台所で作業をしている。
まだ、施設に入る前のしっかりとした彼と会話をしている夢。

(さらに…)

老婆とタンデム。

霊感は全くないMARE主だが、
その場の気持ち悪さはわかる。

以前の古い事務所で
全身が緊張する経験をした。

夜中、仕事を終え廊下に出たとたん
それは感じられた。

(さらに…)

思春期の図鑑。

興味のあることや、

見た事のないもの。

見たくてどうしょうも、ないもの。

ネットがない時代 ー

ソウゾウするか、

図鑑で確認するしかない。

そう、図鑑。

(さらに…)

ぼくが犬だったら、

背後に感じるその存在感と、
なにやらブツブツ…

他人を気にせず、自分の世界にいる男。
マンション前の歩道でトレーニングをしている。

 
そもそも、こんなところで全力疾走するなよ!

バイクで帰宅、防雨カバーを掛けていると
こちらに向かって走ってくる!

 (うわっ!)

暴走列車なのか!と、思うくらいの勢い!

背中をかすめて、走りさる…

(さらに…)

神様は自分

夢や希望を託してつけるミサンガ。

切れると願いが叶うと言われているのだが、
はたしてそうなのか? ちょっと疑問。

お守りのようなものだけど
切れるってのは縁起が悪く感じる。

おれだけかなあ…

(さらに…)

新品に興味はない。

銀座の高級クラブから

ハイヒール448足を

盗んだ男が逮捕された。

「新品に興味はない」

「ハイヒールを盗むことに喜びを感じた」

「更衣室のロッカーは宝箱だった」

「ハイヒールが増えすぎて寝れなくなった」

などと供述。

わはは。

変態だな、この男。

宝箱って!
(さらに…)