腰ガクのタイミング。

久々の電車通勤。

おじいが乗り込んで来た。
座っている僕を背に立つ。

とっさの行動が出来ず、
席を譲るタイミングを外してしまった為
僕の目線は落着かず動悸も早くなる。

しまった!どうしよおぉ。

(さらに…)

MAREBITO10年目の脱却。

困惑顔のサラリーマン… 
受付前で図書館職員の話をはい、はいと聞いている。

職員は間髪あけず、それまでに何度も何度も繰り返した
「貸し出しにおける注意事項」を述べている。結構な時間だ。
機関銃の様な分量の言葉の合間に、はい。はい。が聞こえる。

しかし、その声はだんだんと小さくなっていき
サラリーのハードディスクが熱くなっていないか心配になってくる。
(さらに…)

毒ヘビと化すシャワー

新しいスポーツクラブがオープンして
約半数の会員がそちらへ流れた。

今や、僕が通う老舗クラブには
オープン当時からのおばさんや、おじいが残った。

経年による施設の老朽化も歪めない。

現状、経営はキビシい状況なのだ。

(さらに…)

SMなクリスマス

日本人にも、クリスマスがやってくる。

楽しい、楽しいクリスマス。
愉快な、愉快なクリスマス。

ハメを外しましょう、クリスマス。

(さらに…)

私のこと。どれくらい好き?

かたちの無いものや見えないモノ
曖昧な事柄を伝えるのは難しい。

確か村上春樹は
春の子熊と抱きあって丘の斜面をころころ転がるくらい。と
ノルウェイの森で喩えていた。

  「どれくらい好き、私の事?」の返答なのだが

具体的では無いけれど、悪い気はしない。
なんだか、ほっこりもするし、安心感もある…   と思う。

(さらに…)

犬になられる世代

犬になること。

10代と、40代とでは違う。

全然ちがう。

【警告】シゲキがあると思われる含みがあるので真面目な方、
    上品なご婦人方はご退席ください

(さらに…)

有能な受付嬢

有能な受付嬢がMAREBITOにやって来た。

受付嬢 

なんだか、よからぬ そーぞーをしてしまう響きだゾ。

ウケツケジョウ。

今までに何人も雇い

そして

飽きてきたら

ほったらかし。

弄んでいた主。

そんな主の元にまたもやって来た
とても有能な受付嬢。

(さらに…)

古い男と思わせぶりな女

古いステレオアンプを使っている。

30年も前のテクニクス。
実家の押し入れから大きなスピーカーとともに
MAREBITOへ送ってもらった。

   真空管の柔らかな音がたまらないんだよね~、とか
   デジタルカメラとフィルムじゃ、全然違うよ! なんて

   そんなコダワリを持っている訳ではナイ。

(さらに…)