すずめなおっぱい

自分が感じる “痛み”や “おいしさ”
五感を人に伝えるのは難しい。

それらは、何かの “たとえ” で表現するしかない。

プロ野球観戦。
石井のフォークボールが金的に!
悶絶するキャッチャー古田。
( うわぁ! 顔をしかめる我ら )

この痛さ、ほぼ 男子にはわかる。

初めての妊娠出産。そして陣痛。
フルマラソンを走りきった程の表情… 
( … ぼんやり顔の我ら )

この痛さ、男子にはわからない。

(さらに…)

狼狽し自分を見失う人が来た

習慣とはお恐ろしや。

時として、それが崩れると

人は狼狽し、自分を見失う事がある。

彼もその一人。彼の言葉はむなしく宙に彷徨う…
(さらに…)

亡き父の手紙

実家の整理の為、帰省。

父は施設に入っていたので、
少しずつカタズケはしていたのだが、
本気の整理整頓開始。

高校卒業まで住んだ
実家は更地になるのだ…

冬が来るまでの猶予。
(さらに…)

いやいや、全然駄目ですよ…

期末テスト当日の朝。

  やべえよ、全然やってないよ…

  朝起きれなくて、英語は全く…

  単語覚えただけ、だよ…  云々

  テスト勉強、やっていない会話が飛び出す。

本当に勉強をしていなかったMARE主はそれを聞いて安心するが、
結果、数日後 皆の点数が良くて愕然とする事があった。

やった、やらないの度合いは個人の尺度なので
目くじらを立てる事ではない。
(さらに…)

祭りあと

朝からソワソワしている小学4年生の僕。

もちろん、授業など集中出来るはずもなく…
(一度も集中した覚えもなく…)

この日だけは小遣いを貰って、夜遅くまで外にいられるのだ。
遅くといっても門限は8時と釘を刺されている。
さもないと、母が鬼になる。

小さな町にやってくる

年に一度の

町民のお楽しみ。

夏祭り。

(さらに…)

別れられない癇癪女。

っち!

またか。

空気が入って
逆流する!

ボコッ!

とても優しく、

ゆっくりと

機嫌をそのなわぬ様に

注いでいるのに。

ボコッ!

ちっ!

まただ!

何度やっても癇癪をおこす!

(さらに…)

【挨拶する凶悪犯】

どうもまだ、

商人になれていないMARE主。

MAREBITO店舗や骨董市に来てくれたお客さんに

「いらっしゃいませ」とは恥ずかしくて言えない。

対面販売、物を売る商売なのだ!

歓迎しないとイケナイぞ!

お客様は神様だぞ!
(さらに…)

続_宙に浮く言葉

バリバリのイタリア人(たぶん)が目の前で
MAREBITOの商品を手に取っている。

今年の目標は外人を笑かす事。

よし、英語試し。

こちらから話かける…

それは1965年代の人形で、有名な…
(もちろん 中学生レベル英語で)

イタリア人(ドイツ人かもしれない)が顔をあげ、
流暢な日本語で「ああそぉ、昭和40年ね。」と返してくる!
(さらに…)