厄介な女

後腐れのない

期間限定の女

おまえは。

ちょっと重いんだよ

おまえは。

(さらに…)

ひとんちがおしえること

下着を朝、取り替える男。

就寝前、風呂上がりではないのだ。
一度脱いだ下着をまた履く。
朝起きて、新しい下着に替える。

それは彼の一連の行動なのだ。
両親からの教えを守っている。普通の事。

疑問はない。

(さらに…)

彼女の自分の知らない事。

好きな彼女が他の男性と飲みに行く。

自分の知らないところで起きた事…
いろんなこと、もろもろ想像する。

(さらに…)

日本男児やめますか?

好きなミュージシャンの新譜が出る。
選択肢がたくさんありすぎて、素直に喜べない。

いろんな判断をしなければイケナイのだ。

(さらに…)

カッコつけキック炸裂!

そう、悪の巣窟だった!

周りが全て個性派ぞろいの悪。

ある意味 善玉は、僕だけ。

なにせ、僕は体調万全なのだから…

(さらに…)

妄想のチャンピオン

14歳の転校生、神谷さん。
海外アーティストのレコードを持っていた。

クイーン「世界に捧ぐ」

(さらに…)

昼のホタル

少なくはなったけど、メイワクな「暴走族」。

そして、「ホタル族」も。

団地住まいのおとうさんや
新築マンションを購入した若い夫婦、
それらの「ホタル族」がメイワクではない。

これは、僕の周りにいる「ホタル族」の話。 (さらに…)

遠くからの便り。

ついさっきまでご飯を食べていたのに
気がついた時にはもう手遅れだった。 (さらに…)