断りの台詞

MAREBITOのドアを開けた瞬間、
明らかに顔が曇った、お客さま。

場違いな処へ来てしまった… 

今思えばそんな表情。

彼の気持ちを察する間もなく、
店内に導いてしまったMARE主。

あ! どーぞ どーぞ。

まちがってもーた、彼を

営業スマイルで、まちがったエスコートをしてしまったのだ。

彼はお店の真ん中アタリで立ち止まっている…

(さらに…)

ねえ、して

ねえ、して。

 
 ( まどろみの中で聞こえる、声 )

誰もみてないよおぉ〜

 ( あきらかに甘えている、声 )

みんな見てるよ…

 ( 世間を気にする声 )

(さらに…)

癇癪な芝男_治療02

育ちが良く、大人しそうに見える芝男君だが…
急に癇癪(かんしゃく)をおこしたらしい。

ウキーッ ボッ! 

オーナーから話を聞くと、急に煙が出てきたそうだ。

DSCN3728_convert_20110805092344

( あれ?正面のエンブレムがない… )

(さらに…)

強情な彼女_治療01

無免許医、Dr.SENPO MARE主。
専門的な知識はもっていない。

ちゃんとしたヒトからすれば、インチキかもしれない。
しかし、ブラックジャック程の名医ではないが、
扇風機に対しての情熱はピノコもビックリするくらいだと思う…

    *    *    *

MARE主も初めて見るタイプがやって来た。
コンパクトでしなやか、美しい。
ブルーグレイの服装もセンスが良い…

しかし、彼女は首を振らない。羽もちゃんと回ってくれない。

即、入院。

そして、分解。

DSCN3719_convert_20110805093214

ある程度、気持ちをほぐす事は出来たのだが
どうしても、モータ部分のカバーが外せない。
ちょっと強情な彼女。心のビスがなめているらしい。

無理をしてはいけない。
結局はカバーを外さないままの、治療となる。

モータ下部にオイルを注入。ちょっとした事だけど
それで気を良くした彼女、素直になった。

次は首振り問題。

DSCN3715_convert_20110805093146

首振りをしないのはビスの欠品と判っていた。

DSCN3722_convert_20110805093317

60歳前後の彼女に合うのは旧JISと呼ばれる、古い規格のビス。
程良いサイズでカットし、スペイサーを取り付ける。

コレでもう、大丈夫。首は振る。

まだ、心のカバーを取り外せてないのが気がかりだが
彼女は笑顔で退院したのだった。

DSCN3714_convert_20110805093126

______________________________

▲ 無免許だが、笑顔、取り戻します。【修理のお問い合せ】

【 修理MEMO 】

1960前後 三菱25cm 風力2段切り替え

グリスアップ2箇所。首振り用の止めビス欠品。
ビス交換。アームの直径調整。スペーサー作成。

※首振り用のつまみ取り外し不可。若干の発熱あり。

2011.0802

_________________________________

■MAREBITO 8月の店舗営業日 
01日(水)02日(木)03日(金)04日(土)
08日(水)09日(木)10日(金)11日(土)
15日(水)16日(木)17日(金)18日(土)
22日(水)23日(木)24日(金)25日(土)
29日(水)30日(木)31日(金)
※変更の場合ありますので最新情報はFacebook/ホームページTOPでご確認ください。

■骨董市出店 
8月5日(日)大江戸骨董市

8月19日(日)大江戸骨董市

過去のMARE主コラムはこちらから
▶MARE主コラム

最新の情報、古道具はこちらから
▶Instagram
▶Facebook

PRIDE MARE大会

それは、髙田延彦率いるあの総合格闘技、
PRIDEの如く… MARE主の目の前で起きた。

秒殺だった!

MAREBITO エレベータ無しの5階。
「よほど」の古道具好きでない限り
登っては来なかった徒歩5階だったが、
2階移転後は、様相が変わってきた…

「よほど」さんでは無く、看板を見た
ん!なんだ?の「好奇心」さんがやってくる。

看板に室内の写真を貼っているのだが、
「好奇心」さんの勢いよくドアを開ける!

(さらに…)

すずめなおっぱい

自分が感じる “痛み”や “おいしさ”
五感を人に伝えるのは難しい。

それらは、何かの “たとえ” で表現するしかない。

プロ野球観戦。
石井のフォークボールが金的に!
悶絶するキャッチャー古田。
( うわぁ! 顔をしかめる我ら )

この痛さ、ほぼ 男子にはわかる。

初めての妊娠出産。そして陣痛。
フルマラソンを走りきった程の表情… 
( … ぼんやり顔の我ら )

この痛さ、男子にはわからない。

(さらに…)

狼狽し自分を見失う人が来た

習慣とはお恐ろしや。

時として、それが崩れると

人は狼狽し、自分を見失う事がある。

彼もその一人。彼の言葉はむなしく宙に彷徨う…
(さらに…)

亡き父の手紙

実家の整理の為、帰省。

父は施設に入っていたので、
少しずつカタズケはしていたのだが、
本気の整理整頓開始。

高校卒業まで住んだ
実家は更地になるのだ…

冬が来るまでの猶予。
(さらに…)