私のこと。どれくらい好き?

かたちの無いものや見えないモノ
曖昧な事柄を伝えるのは難しい。

確か村上春樹は
春の子熊と抱きあって丘の斜面をころころ転がるくらい。と
ノルウェイの森で喩えていた。

  「どれくらい好き、私の事?」の返答なのだが

具体的では無いけれど、悪い気はしない。
なんだか、ほっこりもするし、安心感もある…   と思う。

(さらに…)

犬になられる世代

犬になること。

10代と、40代とでは違う。

全然ちがう。

【警告】シゲキがあると思われる含みがあるので真面目な方、
    上品なご婦人方はご退席ください

(さらに…)

有能な受付嬢

有能な受付嬢がMAREBITOにやって来た。

受付嬢 

なんだか、よからぬ そーぞーをしてしまう響きだゾ。

ウケツケジョウ。

今までに何人も雇い

そして

飽きてきたら

ほったらかし。

弄んでいた主。

そんな主の元にまたもやって来た
とても有能な受付嬢。

(さらに…)

古い男と思わせぶりな女

古いステレオアンプを使っている。

30年も前のテクニクス。
実家の押し入れから大きなスピーカーとともに
MAREBITOへ送ってもらった。

   真空管の柔らかな音がたまらないんだよね~、とか
   デジタルカメラとフィルムじゃ、全然違うよ! なんて

   そんなコダワリを持っている訳ではナイ。

(さらに…)

綺麗さの物差し

公園に寝泊まりしている方を綺麗に!
という企画をテレビで見た。

  ワイルドな髪型はさっぱりと散髪され、
  黒ずんだ肌は真っ白に。

  巻付けていたボロ生地はスーツになり。
  全くの別人になった、彼。

(さらに…)

貴婦人のピンポイント

誰もが持っている、ピンポイント。

ソコを攻められちゃうと
ビミョーに感じてしまう事がある。
違うジンカクの自分が出て来たりもする。

耳の後ろ、斜め45度のあたりがダメだ。

「ビクーん♥︎」 となってしまう。
(さらに…)

ひろ子を縛りつけに戻る

ある意味もう、
田舎の中学男子は「カイカーン」なのだ。

薬師丸ひろ子。が、

真冬の北海道にやってくる!

半袖セーラー服で。

それも機関銃を携えて。

( 四半世紀も前の話 )

(さらに…)

その瞬間に「!」や「?」が沢山現れる。

人は驚いた時や疑問に思った時、
表情に「!」や「?」が現れる事がある。

漫画の吹き出しの様な、あれ。
僕はかなりの確率でそれに遭遇する。

お客さんが【海月(くらげ)】を手に取る時だ。

000_convert_20151028131101

(さらに…)