強情な彼女_治療01

無免許医、Dr.SENPO MARE主。
専門的な知識はもっていない。

ちゃんとしたヒトからすれば、インチキかもしれない。
しかし、ブラックジャック程の名医ではないが、
扇風機に対しての情熱はピノコもビックリするくらいだと思う…

    *    *    *

MARE主も初めて見るタイプがやって来た。
コンパクトでしなやか、美しい。
ブルーグレイの服装もセンスが良い…

しかし、彼女は首を振らない。羽もちゃんと回ってくれない。

即、入院。

そして、分解。

DSCN3719_convert_20110805093214

ある程度、気持ちをほぐす事は出来たのだが
どうしても、モータ部分のカバーが外せない。
ちょっと強情な彼女。心のビスがなめているらしい。

無理をしてはいけない。
結局はカバーを外さないままの、治療となる。

モータ下部にオイルを注入。ちょっとした事だけど
それで気を良くした彼女、素直になった。

次は首振り問題。

DSCN3715_convert_20110805093146

首振りをしないのはビスの欠品と判っていた。

DSCN3722_convert_20110805093317

60歳前後の彼女に合うのは旧JISと呼ばれる、古い規格のビス。
程良いサイズでカットし、スペイサーを取り付ける。

コレでもう、大丈夫。首は振る。

まだ、心のカバーを取り外せてないのが気がかりだが
彼女は笑顔で退院したのだった。

DSCN3714_convert_20110805093126

______________________________

▲ 無免許だが、笑顔、取り戻します。【修理のお問い合せ】

【 修理MEMO 】

1960前後 三菱25cm 風力2段切り替え

グリスアップ2箇所。首振り用の止めビス欠品。
ビス交換。アームの直径調整。スペーサー作成。

※首振り用のつまみ取り外し不可。若干の発熱あり。

2011.0802

_________________________________

■MAREBITO 8月の店舗営業日 
01日(水)02日(木)03日(金)04日(土)
08日(水)09日(木)10日(金)11日(土)
15日(水)16日(木)17日(金)18日(土)
22日(水)23日(木)24日(金)25日(土)
29日(水)30日(木)31日(金)
※変更の場合ありますので最新情報はFacebook/ホームページTOPでご確認ください。

■骨董市出店 
8月5日(日)大江戸骨董市

8月19日(日)大江戸骨董市

過去のMARE主コラムはこちらから
▶MARE主コラム

最新の情報、古道具はこちらから
▶Instagram
▶Facebook

PRIDE MARE大会

それは、髙田延彦率いるあの総合格闘技、
PRIDEの如く… MARE主の目の前で起きた。

秒殺だった!

MAREBITO エレベータ無しの5階。
「よほど」の古道具好きでない限り
登っては来なかった徒歩5階だったが、
2階移転後は、様相が変わってきた…

「よほど」さんでは無く、看板を見た
ん!なんだ?の「好奇心」さんがやってくる。

看板に室内の写真を貼っているのだが、
「好奇心」さんの勢いよくドアを開ける!

(さらに…)

すずめなおっぱい

自分が感じる “痛み”や “おいしさ”
五感を人に伝えるのは難しい。

それらは、何かの “たとえ” で表現するしかない。

プロ野球観戦。
石井のフォークボールが金的に!
悶絶するキャッチャー古田。
( うわぁ! 顔をしかめる我ら )

この痛さ、ほぼ 男子にはわかる。

初めての妊娠出産。そして陣痛。
フルマラソンを走りきった程の表情… 
( … ぼんやり顔の我ら )

この痛さ、男子にはわからない。

(さらに…)

狼狽し自分を見失う人が来た

習慣とはお恐ろしや。

時として、それが崩れると

人は狼狽し、自分を見失う事がある。

彼もその一人。彼の言葉はむなしく宙に彷徨う…
(さらに…)

亡き父の手紙

実家の整理の為、帰省。

父は施設に入っていたので、
少しずつカタズケはしていたのだが、
本気の整理整頓開始。

高校卒業まで住んだ
実家は更地になるのだ…

冬が来るまでの猶予。
(さらに…)

いやいや、全然駄目ですよ…

期末テスト当日の朝。

  やべえよ、全然やってないよ…

  朝起きれなくて、英語は全く…

  単語覚えただけ、だよ…  云々

  テスト勉強、やっていない会話が飛び出す。

本当に勉強をしていなかったMARE主はそれを聞いて安心するが、
結果、数日後 皆の点数が良くて愕然とする事があった。

やった、やらないの度合いは個人の尺度なので
目くじらを立てる事ではない。
(さらに…)

祭りあと

朝からソワソワしている小学4年生の僕。

もちろん、授業など集中出来るはずもなく…
(一度も集中した覚えもなく…)

この日だけは小遣いを貰って、夜遅くまで外にいられるのだ。
遅くといっても門限は8時と釘を刺されている。
さもないと、母が鬼になる。

小さな町にやってくる

年に一度の

町民のお楽しみ。

夏祭り。

(さらに…)

別れられない癇癪女。

っち!

またか。

空気が入って
逆流する!

ボコッ!

とても優しく、

ゆっくりと

機嫌をそのなわぬ様に

注いでいるのに。

ボコッ!

ちっ!

まただ!

何度やっても癇癪をおこす!

(さらに…)