【挨拶する凶悪犯】

どうもまだ、

商人になれていないMARE主。

MAREBITO店舗や骨董市に来てくれたお客さんに

「いらっしゃいませ」とは恥ずかしくて言えない。

対面販売、物を売る商売なのだ!

歓迎しないとイケナイぞ!

お客様は神様だぞ!
(さらに…)

続_宙に浮く言葉

バリバリのイタリア人(たぶん)が目の前で
MAREBITOの商品を手に取っている。

今年の目標は外人を笑かす事。

よし、英語試し。

こちらから話かける…

それは1965年代の人形で、有名な…
(もちろん 中学生レベル英語で)

イタリア人(ドイツ人かもしれない)が顔をあげ、
流暢な日本語で「ああそぉ、昭和40年ね。」と返してくる!
(さらに…)

宙に浮く言葉

MAREBITOの商品は用途不明なものが多い。

手に取って首を傾げるお客さんに
あいの手、いや説明を投げかける。

それは○○○○の部品ですよ。と

しかし、MARE主の言葉を無視し、
首を傾げたままの女の子… 商品を凝視している。

ん!

またか。

やっちまったな…

彼女は中国の人で日本語がわからないのだ。

だから、無反応。仕方なし…

僕から発せられた説明は雑踏の中、
むなしく宙に浮き、行き場も見失って、ただただ漂うだけ…

運悪く、一部始終目撃していた、後ろのおっさんと目が合った。
顔が真っ赤になる程、恥ずかしい思いをする。

滑らされたなぁ…

(さらに…)

可哀想な犬。

札幌で大型犬が3匹のポメラニアンを襲った事件があった。

大型犬の飼い主はそのまま逃走。
ポメラニアン2匹死傷。飼い主の女性も軽い怪我を。

【市畜犬条例 6条】
「犬が人に危害を加えた時は再発防止の処置を講じ、
市長に届け出なければならない」などと定めており、
違反した場合には5万円以下の罰金が科される。

いろんな人が居る。
(さらに…)

午後のアルバム 

半世紀分のアルバムを整理している。

古物商をしている自分、骨董市で
自分の写真を並べられ、売られるのは堪えられない。

狭いわが家、収納スペースを確保するための終活のひとつでもある。
ま、50年後この写真が神社の境内に流れるとは思えないけど。
(さらに…)

乙女のセツナイ思い

すみません!

受け皿がブラスチックのコーヒーミルが欲しいんですが、
まだ、ありますか?

蚤の市も終了時間。
カタズケ中のMARE主に
息を切らした学生乙女ちゃんが声をかけてきた。

ん!
(さらに…)

赤坂 凡人 想像 プレイ

赤坂アーク森ビルトイレ。

個室の方から声が聞こえる。

もう済んだ?

うん。

じゃあ、ちょっと待って。

うん。

親子の会話が聞こえる。

  小さな息子と一緒なのか?

  天気の良い休日だ。
  微笑ましい家族サービスだな。と
  勝手に想像していた MARE主。

用を終え、手を洗っていた…
(さらに…)

三人目の自分

MARE主の名前は 

古村 太(ふるむら ふとし)

さすがに同姓同名はいないが

吉村 大(よしむら だい)  

と、小学校の記念卒業名簿で

間違えられた事はある。

名前はさておき、

世の中には同じ顔が三人いるという。

思い当たる一人は知っている。

高校時代、同じバレー部で他の高校にいた。

オデコから目までのラインが瓜二つだった。

坊主頭であったからかもしれない。しかも、猫背でもあった。
(さらに…)