フクザツな戦利品

最高の戦利品をゲットだ!と
思っていた本日の骨董市仕入れ。

コーフン抑えきれず、
自慢げに知り合い業者に話しをしたら

それは彼が別の業者さんに販売したものだとわかる…

えげ!

最高の戦利品から「最高」の文字が抜け、

戦利品という響きも失せ始め、

ちょっとした残念ものを手に入れた感じになる…

古道具にありがちな、業者間での移動。
自分だけ、それを知らずに高揚していた。

商品は変わらないのに、その生い立ちを聞いたとたんに
胸の中がじゅわあああ〜んと震え出す感覚になるのが不思議。

それはまるで、今つきあっている彼女が
親友と、その昔恋人だった事を知らされた様な

何とも言えない、フクザツな気分にさせられる。

知って得なのか、知らずに得なのか。

 
男女の関係。骨董。

嗚呼! 

なんて楽しいんだ、なんて楽しいな。

1687年 生類憐みの令
第五代将軍 徳川綱吉が名工 狩野甚五郎に造らせたとされる
国宝級の逸品 “猿戌石製人形”

0000_convert_20150930154046

な、わけなし。

惑わされてはイケナイ。要は好きか、嫌いか。

_________________________________

■MAREBITO 9月の店舗営業日 
12日(水)13日(木)14日(金)15日(土)
19日(水)20日(木)21日(金)22日(土)
26日(水)27日(木)28日(金)29日(土)

※変更の場合ありますので最新情報はFacebook/ホームページTOPでご確認ください。

■骨董市出店 
9月23日(日)大江戸骨董市

過去のMARE主コラムはこちらから
▶MARE主コラム

最新の情報、古道具はこちらから
▶Instagram
▶Facebook